自分に合った筋トレを行う


自分に合った筋トレを行うことは筋トレを続けるためのコツの一つです。例えば自分に合った筋トレとは初めて筋トレをする方が90キロのバーベルを持ち上げることは難しいでしょう。また、腹筋の回数においても30回しかできない方がいきなり200回を目指すということは適切な筋トレではないでしょう。無理をすることでその分身体に負荷がかかります。例えば1日目に無理して200回の腹筋ができても次の日はもう一回200回の腹筋をするモチベーションがなく、スポーツクラブを休んだり筋トレを中断してしまう方もいます。一度中断するとそこからもう一度挑戦するモチベーションは徐々に低下し、結局筋トレを続けられなかったという事態に陥るケースもあります。

しかし、実際に自分の身体に合った筋トレ方法を自分自身で見いだすことは難しいです。特に今まで筋トレをしたことがない方は筋トレに関して知識がないので、自分に合っていない筋トレをしてしまうという方も少なくありません。もし自分の身体に合った筋トレをしたいという方はスポーツクラブに通われていてはいかがでしょうか。

スポーツクラブでは基本的に施設内スタッフがいます。スタッフが指導をしてくれるので、どのような筋トレから始めればいいのか尋ねれば教えてもらうことができるでしょう。


達成できる目標を掲げること


筋トレをしようと思われる方の多くはそれぞれの人で目標を持っている方が多いのではないでしょうか。例えば肥満を気にして健康のために筋トレを始めようと思われている方の中には体重を落とすことが目標になります。肥満の人だけでなく、筋肉が少なくお腹の筋肉が割れていないため、シックスパックにするために筋トレを始めようと思われている方もいるでしょう。しかし、筋トレを始めようと思われている方の中にはスタート段階で大きな目標を掲げて取り組む方もいます。例えば体重90キロある人が30キロの減量を目指し取り組む方や、筋力アップを目指したい方の中にはボディービルダーの様な身体を目指す方もいます。このような高い目標を達成するまでには多くの時間がかかるので途中で挫折する可能性があるのです。

筋トレを続けるコツとして挙げられるのが達成できる目標を持ち筋トレに臨むことです。例えば先程紹介したように体重90キロの方はまずは5キロの減量を目指し日々取り組むことで、30キロ減量するよりもハードルが低く目標を達成できる可能性があります。このように手に届きそうな目標を掲げて、達成したらさらに次の目標を掲げることでモチベーションの低下を抑えることができるでしょう。


環境整備をすることで筋トレが続けられる!?


筋トレを続けるためのコツとして挙げられるのが環境整備と筋トレの習慣化です。何においても環境整備は必要で筋トレに限ったことではありません。筋トレが好きな方で普段から進んで行っている方は環境整備をしなくても続けられる方がいますが、続けられない方はまず自分から進んで取り組むことがないため、環境を整備して続けやすいように整備をしなければならないでしょう。

環境整備として挙げられるのがスポーツクラブに通うことになります。確かに自宅に多くの運動器具を導入して整備することも可能ですが、実際にあらゆる運動器具を整備しようと思うと多くの費用がかかるので現実的ではないと思われる方も少なくないでしょう。一方でスポーツクラブにおいては入会し、月額費用を支払うだけで、その施設内にある器具を自由に使うことができます。基本的にスポーツクラブでは筋トレのための器具は数多く、飽きることなく筋トレができるというメリットも存在しています。

習慣化も筋トレを続けるためのコツです。筋トレを習慣にすれば自分から進んで筋トレをすることができるようになるため、途中で挫折してしまう可能性を低くできます。例えば習慣にするためには会社近くのスポーツクラブに入会をして会社帰りに一時間だけ立ち寄り、それを続ければ習慣になる可能性があります。


筋トレが続けられない方は環境整備が必要!?


痩せるために、筋力アップをするために日頃から筋トレをしている方もいるのではないでしょうか。筋トレは手軽に行うことができるので、実際に日頃の生活で取り入れている方も多くいます。例えば腹筋を鍛えるために、床の上に仰向けになり、足を「く」の字に曲げて、上体を起こすことでお腹の筋肉を鍛えることができます。胸筋を鍛える時はうつ伏せで床に寝転がり、両腕で自分の身体を支えて、腕を曲げて伸ばしてを繰り返すことで胸筋を鍛えるための腕立て伏せを行うことができます。自宅であればこれらの筋トレはテレビを見ながら行うことができます。

また現在では筋トレをするための器具などがスポーツ用品店などで販売しています。スポーツ用品店は各地にありますが、豊富な筋トレをするための器具が販売され、安いものでは2万円程度で購入ができるので、自分の筋力アップのために導入をしている方も少なくありません。器具があることでモチベーションを維持し続けながら筋力トレーニングをすることができるので、続けるという目的で購入をする方もいます。

しかし、筋力アップをしたいという方でも3日坊主になってしまう方はとても多いです。基本的に筋トレをしないことで他人に迷惑をかけることは少ないですから筋トレを続けるハードルは高い方もいます。筋トレを続けるためには環境整備などをして続けやすい環境を取り入れなければなりません。そのためにスポーツクラブなどに通っている方もいるのです。では筋トレを続けるためにはどのようなコツがあるのでしょうか。